フェラーリ

ABC ペダルラバー

2021/04/08

以前もブログで書いた記憶ありますが、私は個人的にランボルギーニ カウンタック等に使用されている ABC ペダルのラバーがスキです。

ABC と言うのは

A = アクセル

B = ブレーキ

C = クラッチ

です。

abcrubber1

何がスキかというと無駄に「LAMBORGHINI」と書いてあるところです(笑)

abcrubber2

 

お陰で?レプリカ品なんかは出ていません。

わざわざ「LAMBORGHINI」の型まで作ってレプリカ作るメリットあまりないですから。

こちらはフェラーリ用

abcrubber3

レプリカ品は出てます(笑)

でもクラシックモデル(1970年代まで)は非効率的なパーツが付けられていますのでパーツ単品でもアートな物は多いです。

灰皿、ステアリング、ミラー、ランプ、スイッチ等相当手の込んだパーツ多いです。

フェラーリ 512TR 用ラジエーターサブタンクの比較

2021/04/05

2 種類あるフェラーリ 512TR のラジエーターサブタンクを偶然にも同時に別々のお客様からご注文頂いたので比較して違いを見てみました。

エンジン番号 34888 までと 34889 以降で分かれております。

headertank1

headertank2

形や大きさは一緒です。

違いはココ!!

headertank3

パイプの数が違います。

エンジン番号 34888 までの車両にはこちら、品番 148514 が適合します。

headertank4

そしてエンジン番号 34889 以降の車両にはこちら、品番 155027 が適合します。

headertank5

エンジン番号をお確かめ頂かなくてもラジエーターサブタンク自体を見て頂きパイプの数確認して頂ければ大丈夫です。

エンジン番号は車検証には記載されませんのであくまでもエンジンブロックの刻印確認して頂く必要ありますので結構面倒なんです(汗)

フェラーリ 275GTB/2 ブレーキマスターシリンダー

2021/03/26

ウェブサーバー移行の為、お休みしておりましたブログ更新ですが思ったよりも早く作業が終わりましたので再開です。

お客様には大変ご不便とご迷惑をお掛け致しました。

 

お客様からご注文を頂いておりましたフェラーリ 275GTB/2 のブレーキマスターシリンダーとブレーキキャリパーキットが到着です。

ブレーキマスターシリンダーは「ダンロップ」タイプになります。

275brakemaster1

そして問題はブレーキキャリパーのリペアシールキットです。

何が面倒かというと、275 等のモデルはダンロップ製のブレーキキャリパーが使用されておりますが、サイズが「インチ」なんです。

フロントは 2-1/8″、リアは 1-1/2″ になります。

sp2556

50 年以上も前のクルマですので一応現在でも純正サイズが装着されているか確認をします。

でもシリンダーにハッキリとサイズが記載されていないのでシリンダー径を計測してもらいますが、ミリをインチに変換しないといけません。

慣れないインチ早見表を見ながらミリからインチに計算して・・・「大丈夫、サイズ合ってます」って感じになります。

ただ今回はフロント側は大丈夫でしたが、リア側がサイズが違っていました。

それにしてもインチ計算は面倒くさい!!

フェラーリ 308GTB 用リアキャリパー

2021/03/15

フェラーリ 308GTB 用にご注文を頂きましたリアキャリパー Assy です。

今回は左右セットで手配をしました。

caliper1

caliper2

オリジナルの Ate 製は供給終了しておりますがイタリア製の社外品が出ております。

Ate 製のオリジナルキャリパー用には Ate 製のキャリパーシールキットが出ておりますので状態によってはキャリパーシールキットを使用してオーバーホールすることも可能です。

フロントキャリパーシールキット、リアキャリパーシールキット共に現在ヤフオク出品中です。

直接お問い合わせ頂いてももちろん大丈夫です。

フロントキャリパーシールキットはコチラ

リアキャリパーシールキットはコチラ

ちなみにこのキャリパーは Dino 246GT、Dino 308GT4、308GTB/GTS、308GTBi/GTSi、308QV に適合致します。

フェラーリ 512TR クラッチレリーズベアリング変更キット

2021/03/11

本日ご案内しますのはフェラーリ 512TR のエンジン番号 33998 までの車両に使用されているクラッチレリーズベアリングをエンジン番号 33999 以降の車両に使用されているクラッチレリーズベアリングに変更するキットです。

エンジン番号 33998 までを「前期」、エンジン番号 33999 以降を「後期」としてご説明します。

前期のクラッチレリーズベアリングの中には 3 種類のゴム製シール(ラバーシール)が入りますがよくオイル漏れが起きます。

当然新しいラバーシールに交換すればいいのですが、また同じ症状が出る可能性が高いです。

そこで後期に使用されている中のシールがシリコン製になったクラッチレリーズベアリングに変更しようというご提案のキットになります。

簡単にクラッチレリーズベアリングだけを後期用に交換したらと思ってしまいますが周辺パーツが違ってくるので取り付けることが出来ません。

そこでクラッチレリーズベアリングと一緒に交換に必要なパーツを全部含めて供給しているのがこのキットになります。

CRB-512TR-KIT1

CRB-512TR-KIT2

 

「天狗の鼻」と呼ばれるサポートフランジも後期用にする必要あるんですね。

正直前期用のラバーシールだけを交換すれば安上がりです、でもまた何年か後に同じ作業を繰り返していく必要あります。

だったらお金は掛かりますが対策品に変えておけば長い目で見たら「安上がり」になると思いますし、今後そのことを考えなくてもいいので余分なストレスも感じません。

以前からフェラーリ F355 は結構同じように変更されている方多いです。

お問い合わせはご面倒でもメールでお願い致します。

 

ラジエーターをオーバーホールしました

2021/03/09

フェラーリ モンディアル QV のオーナー様からご依頼を受けまして国内でラジエーターをオーバーホールしました。

オーバーホールする前の状態

radiator1

radiator2

radiator3

radiator4

radiator5

radiator6

写真でも分かる通り、まぁまぁ酷い状態です。

これでは十分な冷却は出来ません。

ただモンディアル QV も今から 40 年近く前のモデルですので新品のラジエーターもそうそう簡単に出てきませんし仮に見つかっても相当な金額です。

このように状態が悪くても形が残っているならオーバーホールをするのがベストな選択と言えます。

オリジナルはプレートフィンと呼ばれるコアの形状ですが、ここを現行車に使用されているコルゲートコアと呼ばれるタイプに変更します。

オーバーホールと呼ぶよりはリビルトですね。

コルゲートコアに変更するだけでも放熱性はかなり良くなります。

必要以上にオーバーヒート対策なんてする必要ないです。オーバーヒートするのであればラジエーター以外の箇所も疑って下さい、ラジエーターの容量を大きくすれば解決する話ではない気がします。

そもそも日本の真夏に快適に乗れるように設計はされていません・・・無意味な負荷を掛けるだけなので私は「真夏にクラシックカーに乗るな!!」と言い続けています(笑)

そしてこれがオーバーホール(リビルト)後です。

radiatornew1

radiatornew2

radiatornew3

radiatornew4

 

radiatornew5

一歩ずつですが車が復活していきます、もう少しで本来のモンディアル QV に戻るはずです!!

 

フェラーリ 275GTB/2 用クラッチディスク

2021/03/06

フェラーリ 275GTB/2 用のクラッチディスクをご注文頂き取り寄せました。

95500015a

95500015b

95500015c

SACHS 製 1861.084.001 当時と同じ品番がまだ手に入りました。

今から 50 年以上前のクルマの部品です、手に入るだけでもラッキーです。

日本では数えるくらいしか台数ないと思いますが、ヨーロッパやアメリカではまだまだ台数走っていますので部品も手に入るんですね。

1960 年代、1970 年代のフェラーリの部品をフェラーリのメーカー系以外の専門店が作ったりもしています、その辺りは心強いです。

ネオクラシックと呼ばれる 1980 年代、1990 年代のフェラーリですと、電子制御されていますのでコンピューター 1 個壊れると動きません、メーカーもコンピューター系はパーツ供給あまりしていないのでその点はキャブ車は「なんとかなります」

 

AGIP Novecento 期間限定お試し価格

2021/03/03

今月発売されました「CG classic Vol.04」と「911 DAYS Vol.83」に AGIP Novecento の広告を出しました。

magazine

まぁその記念ではないですけど一人でも多くの方にご使用頂き実感して頂きたいという想いで期間限定お試し価格で一部商品をご提供させて頂きます。

対象商品は 

① AGIP Novecento クラシックカー専用エンジンオイル 20W-50 の 4リッター缶 税込 13,200 円 → 税込 10,560 円 !!

② AGIP Novecento クラシックカー専用エンジンオイル 15W-50 の 4リッター缶 税込 13,200 円 → 税込 10,560 円 !!

になります。

まだあまり宣伝してないですが一応 WEB ショップが出来まして、AGIP オイルはもちろんですが、その他のグッズも少しずつですが出していく予定です。

詳しくは WEB ショップをご覧下さい!!

期間中にご購入頂けますと AGIP ステッカーもお付けしますので!!

 

フェラーリ 308GTB 用カムスプロケット

2021/03/02

フェラーリ 308GTB 用としてカムスプロケットを一台分取り寄せました。

camsprocket

オリジナルはプラスチック製ですが、1980 年代頃からスペアパーツとして供給されたカムスプロケットは全てスチール製に材質が変更されました。

現在ももちろんスチール製です。

どうやらタイミングベルトのズレ防止になっているリブがプラスチック製ではクラックが入るトラブルが出た為、対策としてスチール製に変更されたと聞きました。

確かにスチール製の方が頑丈ではありますが。

社外品ですとアルミ製も出ているようです。

Dino 308GT4、308GTB/GTS、308GTBi/GTSi、308QV、モンディアル 8、モンディアル QV、288GTO、365GT4/BB、512BB、512BBi に適合致します。

手持ちの在庫ございませんが取り寄せは可能ですのでお気軽にお問い合わせ下さい。

 

AGIP Novecento クラシックカー専用オイル

2021/02/24

業者様からのご注文も少しずつ増えていっておりますクラシックカー専用エンジンオイル「AGIP Novecento」

業者様からは 4 リッター缶ではなく 30 リッター缶のご注文がほとんどです、もちろん 4 リッター缶よりもリッター計算すると安くなりますので。

agipoil

今回ご注文頂きましたのは 15W-50 と 10W-60 です。

15W-50 は鉱物油でこちらのショップ様ではフェラーリ 328 やテスタロッサに使用して頂いております。

そして今回は 10W-60 もご注文頂きました。

10W-60 は一応「レーシングオイル」として設定されており化学合成油になります。

今回こちらのオイルはランボルギーニ ディアブロ GT に使用してみようという事になりました。

もちろんフェラーリ専用のエンジンオイルではございません、イタリア車専用でもございません、イギリス車、ドイツ車、日本車にもお使い頂けます。

写真の後ろに写っているニッサン サニー B110 (TS 仕様) にももちろん AGIP 入れてます!!