フェラーリ

Dino フロントカバー事件!!

2011/09/12

以前、お客様からの依頼でフェラーリ Dino 246GT のフロントカバーを調査した時のお話です。

新品のフロントカバーは既に生産終了となっておりメーカーにも在庫は残っておりませんでした。

そこで当社のヨーロッパの取引先数件に確認をしたところ某専門店から「在庫あり」の連絡がありました。

金額も納得が出来る額だったので迷わずオーダーをしました。

数日後カバーが届いたのですが、何か違和感があります・・・

Dino は 206GT、246GT Tipo-L/M/E と合計4種類がありますので、このカバーも間違いなく Tipo-E 用か確認をすることにしました。

とりあえず手持ちの在庫があるウォーターポンプのガスケットを合わせてみると・・・

 

やはり予想通り、ガスケットが合いません!!

 

ガスケットの裏側を確認すると「135B000 4146554」の刻印が・・・これは 206GT 用ですね!!

 

そこで今度は手持ちの 206GT 用のウォーターポンプガスケットを合わせてみると・・・

ピッタリです!!これでこのカバーは 206GT 用だと証明出来ます。

 

早速ヨーロッパの専門店にカバーが 206GT 用で 246GT Tipo-E 用ではないことを写真を送り説明をしますが

現地からの回答は「Dino にはまれに 206GT のエンジンが 246GT に載せられてファクトリーから出荷されているから間違いではない」と訳の分からない回答が(汗)

206GT のエンジンは Tipo 135B なので、カバーの裏の刻印「135B」も 206GT の Tipo 135B エンジン用のパーツという解釈の仕方で間違いないと思いますが

何度説明しても現地は納得しない様子・・・

話をしても時間だけが過ぎていくので、こちらから「135C」の刻印があるカバーは在庫でないのか?と質問をすると

「135C はある」との回答・・・だったら先にこの 135C のカバーを送ってこい!!と怒りを抑えながらも丁寧に話をし送ってもらうようお願いしました。

数日後新たにカバーが到着しましたが・・・中古です・・・(涙)

 

とりあえず 246GT Tipo-E 用のウォーターポンプガスケットを合わせてみます。

 

 

今度はピッタリと合いました。

 

 

裏の刻印は「135C000 4234144」、246GT のエンジン Tipo 135CS 用ですね。

 

今回のカバーは間違いなく 246GT 用でしたが、中古では話になりません。

再度現地に連絡をすると、「135C の新品はない」との回答・・・

結果的に中古でも再使用には問題がない状態でしたので大幅に割引をして納得の上でお客様にご購入頂きました。

それにしても外人とのビジネスは何十年たっても難しいです・・・

今日は色々入荷しました。

2011/09/09

今日はお客様からのご注文分が色々と入荷しました。

これはお客様からのご注文分で Dino 246GT 用の「CAMPAGNOLO」レプリカホイールセットです。

 

こちらもお客様からのご注文で ミシュラン 215/70VR15 XWX と 225/70VR15 XWX タイヤです。

 

もちろんこの他にも沢山のパーツが入荷しお客様のもとへ発送されました。

一部は当社の在庫となるパーツもありますので明日は在庫管理です。

 

 

 

排気温度アンプ

2011/09/08

フェラーリ F40 や 348 に使用されています排気温度アンプの入手が困難になっています。

少し前までは5~6万円程で入手が出来たのですが、これが完売し次回入荷が未定の状態に・・・

他国で8万円弱でなんとか手に入れたものも完売・・・結果的に現在手に入るものは1個10万円を超えてしまいます(汗)

 

F355 や 360 モデナ、550 マラネロ等に使用されている物はまだまだ入手に問題はなさそうです。

当社にも在庫ございます。

 

確か 512TR や F512M 用も入手困難だったような・・・

 

Dino 246GT 用 デスビキャップ

2011/09/07

フェラーリ Dino 206GT/246GT に使用されているマレリー製のデスビキャップは現在入手が難しく仮に入手出来たとしても金額は10万円近いです。

もちろんデスビキャップは消耗品扱いされてもおかしくないパーツですので、海外ではリプロ品も出ております。

純正品は当然「Marelli」のロゴが上部にありますが、リプロ品はロゴマークはありません。

こちらは純正品のマレリー製(ブラック以外にもブラウンがありました)

 

そしてこちらがリプロ品。

デザイン的にもほぼ違いはないですね。

 

当社にはリプロ品のみ在庫がございます。

ランチャ ストラトスにも使用可能です!!

 

 

 

フューエルアキュームレーター入荷!!

2011/09/06

8月中に入荷したフューエルアキュームレーターですが、立て続けに注文が入り、完売してしまいました。

追加で発注した分が昨日到着し、今回も2種類のアキュームレーターが入荷しました。

写真左側の大きい方が 308GTBi/GTSi、308QV、328、400i、412、512BBi、Mondial QV、Mondial 3.2、テスタロッサ(Kジェトロ)用になります。

BOSCH 番号は 0 438 170 004 です。

 

そして写真右側の小さい方はテスタロッサ(KEジェトロ)用になります。

BOSCH 番号は 0 438 170 042 です。

 

 

フロントガラス紛失!?

2011/09/05

8月に起こった事件のお話です・・・

イタリアの夏休みが迫った7月下旬、お客様からフェラーリ F430 スクーデリアのフロントガラスをご注文頂きました。

通常の発注では発送が9月になってしまいますが、今回はイタリア側に話をしてなんとか現地イタリア側が夏休みに入る前日に出荷が出来ました。

週明けの火曜日頃には日本到着になる予定でしたが、名古屋の通関時に問題が発覚!!

某大手運送会社から連絡があり、「2個口でお預かりしたお荷物ですが1個しか到着していません」と・・・

初めはフロントガラスは比較的大きな荷物になるので少し遅れて到着するのかもと楽観的に思っていましたが、実はこれが大きな間違いでした・・・

翌日再度運送会社のカスタマーセンターから連絡があり、「運送伝票は個数2になっていますが、お預かりは1個のみのようです」と・・・

いやいや、そんなことはありません、フロントガラスの木箱に全て収まるだけの商品を購入した訳ではないので間違いなく2個口のはずです。

しかし運送会社の記録では集荷は2になっていても、営業所から先の記録では個数1になっているようです。

その時点で「もしかして紛失したのか?」と思い始めていました。

数時間後には運送会社からの電話で「紛失した可能性もあります」と伝えられましたが、思わず「こんな大きな荷物が普通紛失しますか?」と疑ってしまいました。

イタリアに確認をしたくても既に休みに入っており会社自体と連絡が取れません・・・困りました(汗)

とりあえずお客様には今回の件を説明させて頂き少しお時間を頂けるようにお話をさせて頂きました。

日本でもお盆休みが近づいており、私の頭の中では代替えとしてどの国から再度入手し直すかの計画も立て始めていました。

タイムリミットはお盆休み前です、それまでには判断をし次の行動に移る必要がありました。

数日かけて運送会社の担当者にはイタリア側に何度も連絡をしてもらい紛失したフロントガラスの調査をお願いしました。

しかしなかなか良い情報が入らず、何の進展もないまま数日が経過・・・

既に代替品の準備は整っており、いつでも「GO」サインを出せば出荷が出来る状態でした。

自分の中で設定したタイミリミット当日、夜には代替品の発送依頼をしなくてはいけません・・・

するとその日の午後に運送会社の担当者から連絡があり「紛失したと思われる荷物がイタリアで見つかりました!!」と、しかしまだ安心は出来ません。

慎重に中身を確認してもらい、ガラスに付いていた品番を確認してもらい、初めて当社宛の荷物と判断が出来ました。

話によると、イタリア側の夏休み前日に、当初の連絡通り荷物は2個口で集荷されたのですが、イタリアの空港に行くまでのどこかの時点で運送伝票が木箱から剥がれ落ちてしまい、どこ行きの荷物か分からなくなってしまったそうです。

通常木箱にはマジックで当社の住所などが書かれている場合が多いのですが、運悪くその木箱には住所が書かれておらず全くどこの誰宛か分からない状態で数日保管されていたそうです。

その後、木箱が開封され、中身を確認したところ「FERRARI」のマークが入った品番のステッカーが貼られていたのを見て、現地のドライバーが一旦マラネロのフェラーリ本社へ届けたそうです。

しかしフェラーリ本社でも出荷の記録がなかった為、再度ドライバーが営業所に持ち帰った時に、日本からフェラーリのガラスが紛失したとの連絡があり、そのガラスがその紛失した物ではないか?となった訳です。

年間航空貨物取扱量が 440万トンもある運送会社の中で紛失すると探すのも一苦労です・・・その為にも徹底した管理が必要ですが実際にいくら全てが IT化されていても、今回の場合のように最後は人間の目で見て探すしかない時もあります。

幸いにもお盆明け直ぐにガラスは無事到着し、ガラス自体にダメージもなかったので一安心しました。

 

 

 

 

ウォーターポンプ O/H キット

2011/09/03

フェラーリではウォーターポンプのオーバーホールキットは部品としての設定がございませんが

お客様からのお問い合わせも多かったので、当社にて独自にオーバーホールキットを設定しております。

基本的にオーバーホールで必要になるシールやベアリング、ガスケット、O リング等が含まれております。

V6、V8、V12、B12  とエンジンサイズ以外にも車種ごとに種類がございますので

お問い合わせの時には必ず車体番号もご連絡下さい。

 

↓ こちらは F355/360 Modena 用

 

↓ こちらは 512TR/F512M 用

 

 

308 用 ヒーター吹き出し口

2011/09/02

お客様からのご注文で取り寄せましたヒーター吹き出し口です。

フェラーリ 308 や 512BBi、288GTO にも使用されています。

表面にはもちろん跳馬のマークが!!

Dino ですと、跳馬のマークが「Dino」のマークになりますね。

この吹き出し口も既に入手困難になっており金額も高価です・・・(汗)