クラシックカー

知り合いの鈑金塗装屋さんにお邪魔しました。

2022/07/08

昨日は知り合いが独立して鈑金塗装屋さんをオープンすると言うことで打ち合わせも兼ねてお邪魔しました。

愛知県名古屋市港区神宮寺に本日 7 月 8 日からオープンします「Tsubasa Paint Factory」さんです。

代表 (一級金属塗装技能士) の弓削(ゆげ)さんはこの道 28 年、鈑金塗装一本でやってこられた職人さんで僕と同い年ですので話も良く合います(笑)

今では鈑金塗装屋さんも減ってきているそうです。

確かに現行車 (特に国産車) なんかは接着剤で止める箇所が多く溶接自体が不要だったり、既にペイントされたパネルが新品で供給されるので改めて塗装する必要もないそうです。

それでは若手も育ちませんね・・・特にクラシックカーの業界では今でも鈑金塗装は非常に重要なんですがなかなか引き受けてくれるところも少ないです。

当社の場合は海外から届くボディパーツが新品のくせにキズ付いていたり、凹んでいたりというのが「当たり前」なので修理/塗装は必要ですし、変態な自分は色々マニアックなパーツを作ったりしますがやはり塗装が必要な場合も多いのでこのように気が知れた鈑金塗装屋さんは今後も心強いです。

カスタムペイントも得意です、事務所や工場内に実際に塗装されている場所がありますのでお話だけでは分からない部分も目で見て感じること出来ます。

全塗装だけが鈑金塗装屋さんの仕事ではないですので困ったことがあれば一度ご相談してみて下さい。

TPF2

TPS1

TPF3

鈑金塗装/カスタムペイント

Tsubasa Paint Factory

〒455-0834 愛知県名古屋市港区神宮寺一丁目513番地

Tel : 052-888-3567  Fax : 052-888-3549

 

ピストンリングを探そう!!!

2022/05/26

クラシックカーのパーツを扱っていると結構な確率で「メーカー生産/供給終了」にぶち当たります。

まぁそうでしょう。

今回も 1960 年代の某クラシックカーでピストンリングが手に入らないという事態になりました。

流石にちょちょいと作る訳にはいきません・・・そこでこんなことやってます(教えていいのかな?)

IMG_8322

自動車諸元表!!

これでまず同じボアサイズの国産車を探していきます。

まぁまぁ地道に探していきます。

IMG_8323

細かく調べていくと何件かに絞れてきますのでとりあえず 1 本のみ取り寄せてみます。

実際に現品確認しないと厚みなんかは分かりませんので。

そしてイチかバチかピストンに合わせてみます。

合わなければ合うまで繰り返します。

合わなかったピストンリングはどうするのか?もちろん返品なんか出来ませんので在庫です、多分一生出ないでしょうけど。

運よく合う物見つかればラッキーです。

でもこうでもしないとエンジン完成しませんので。

無いパーツは無いので何とかしないといけません、今回は解決策の方法のほんの一例です。

時間掛かったりする理由はこう事の積み重ねをしているからです。

調べて、到着を待って、試して、また調べて、到着を待って、試しての繰り返しです。

パーツ屋さんも修理屋さんも見えないところで結構頑張ってます(笑)

 

 

クラシックカー専用エンジンオイル「AGIP Novecento」

2022/05/11

クラシックカー専用の鉱物エンジンオイル「AGIP Novecento」、お客様から「オイル入れました!!」と写真頂きました、いつもありがとうございます。

IMG_8312

 

今回はアルファロメオに 20W-50 をご使用頂きました。

最近も空冷ポルシェを何台かお持ちのオーナー様からもご注文頂き、「鉱物油がなかなかないから助かるよ」とお言葉を頂きました。

先日も 4 日間のラリーイベントに参加された戦前のアストンマーチンにもシングルグレードをご使用頂き無事完走されました。

少しずつですがご利用頂けていることに感謝です。

 

そして・・・コレは何ですか???

agip

続く・・・(笑)

 

AGIP Novecento 40

2022/03/31

今日はクラシックカー専用エンジンオイル AGIP Novecento のシングルグレード “40″ をご注文頂きました。

agip40

4 月 15 日に名古屋をスタートするラリーイベント「La Festa Primavera 2022」に参加される戦前モデルにご使用頂きます。

今年は 60 台くらいがエントリーされているようです。

詳しくはこちらをご覧ください。

季節は春です!!今年は少しでもイベントが開催されるとイイですね!!

Ducellier パワーウィンドウスイッチ

2022/03/04

ん~素敵なデザイン!!無駄なくらいお金が掛かっている作り、こういうのが好きです個人的には。

Ducellier 製のパワーウィンドウスイッチが到着しました。

switch1

switch2

switch3

1960 年代の某クラシックカーに今回使用します。

本当に 70 年代の初め頃まではこのような飾っておいても良いくらいなパーツがたくさん使われています。

現代ではコストを考えたら企画の時点で却下でしょうね(笑)

こういうのを付けておくと「雰囲気」はバッチリです。

何回も言います、雰囲気、風合いは非常に重要です、クラシックカーには!!

AGIP Novecento 感謝セール

2022/02/03

当社が日本正規輸入販売元でもありますイタリア「AGIP」社のクラシックカー専用エンジンオイル「AGIP Novecento」、只今期間限定でセールを行っております。

今回は 30 リッター缶のセールです!!

定価は 90,000 円(税込み 99,000 円)を 20% 引きのお得価格 72,000 円(税込み 79,200 円)で通常販売しておりますが、今回はそこから更に 10% 引きの 64,800 円(税込み 71,280 円)でご提供させて頂きます。

対象商品は 20W-50 の 30 リッター缶と 15W-50 の 30 リッター缶です。

 

20W50

 

 

15W50

 

最近は少しずつ認知もされ始め、AGIP 復活を喜んで頂いております。

化学合成ではなく「鉱物油」ですので、「鉱物の選択が少なく困っていた」や「クラシックカーにはやっぱり鉱物が良いよね」と様々な声をお聞きします。

30 リッター缶ですのでちょっと大きいですし量も少し多いですが、正直フェラーリなんかですと一台で 10 リッター以上使用する車種もありますし、複数台クラシックカーをご所有されておれば 30 リッター缶は非常にお得です。

おまけに使用後は飾りにもなります(結構空缶のお問い合わせも多いです・・・今は販売出来る空缶ないのですが・・・)

現在セール中の 4 リッター缶でも 1 リッターあたり 2,400 円(税込み 2,640 円)ですが、今回の 30 リッター缶セールですと・・・なんと 1 リッターあたり 2,160 円(税込み 2,376 円)と非常にお得です。

セール期間は 3 月 31 日までですが、数に限りがございますので期間中でも終了する場合ございます、ご希望の方はお早めに!!

こちらの通販サイトでご購入頂くこと可能です。

もちろん送料無料!!

業者様も業販致しますのでお気軽にお問い合わせ下さい。

 

1st Route di Sagamihara のイベントに出店しました

2021/11/29

土曜日、日曜日の 2 日間開催されたクラシックカーラリーのイベント「1st Route di Sagamihara」に AGIP Novecento のお店を出店致しました。

土曜日のスタート会場での出店でしたが予想以上に多くの方にお越し頂きました。

agip1

agip2

20 年以上のお付き合いがあるのになかなかお会い出来ずにいた方にも、ようやく、ようやくお会いすることが出来ました(笑)

他にも予定を変更してわざわざ会いに来てくださった方、「いつもブログ楽しみにしてますよ」と言ってくださる方、Facebook で相模原にいることを見てダッシュで会いに来てくださった方、「以前パーツでお世話になりました」と言ってくださった方等多くの方にお会い出来ました。

初めて AGIP が復活したことを知った方や、初めて当社ネクスト・ワンを知って頂いた方も多く本当にイベントに出店して良かったなと思いましたし、私個人にわざわざ会いに来て頂けたことに本当に喜び感謝しました。

SNS やメール、電話だけではなく実際に顔を見てお話出来るのは当たり前のことですが本当に良いことです、やはり「人」ですね。

本当にありがとうございました!!

 

 

1st Route di Sagamihara のイベントの準備です

2021/11/26

明日のクラシックカーラリーイベント「1st Route di Sagamihara」に向けての準備です。

まだ腰痛に悩まされていますので実はコルセットして作業しています・・・

IMG_7471

002

明日は朝の 3時に出発予定です。

既に数人の方からご連絡がありわざわざ会いに来て頂けるとのことで非常に楽しみにしています!!

1st Route di Sagamihara のイベントに出店します。

2021/11/24

11月27日、28日に相模原市の「アリオ橋本」をスタートするクラシックカーラリー「1st Route di Sagamihara」に当社が日本正規輸入販売元をしておりますクラシックカー専用エンジンオイル「AGIP Novecento」を出店致します。

場所は神奈川県相模原市緑区大山町1-22 にある複合商業施設「アリオ橋本」の駐車場です。

event

event2

会場ではクラシックカー専用エンジンオイル「AGIP Novecento」の商品を販売を致しますのでお近くの方は是非会場に足を運んで下さい!!

「ブログ見てますよ!!」と言って頂ければ AGIP Novecento のグッズ差し上げますので!!

もちろん私、高橋も行きますが腰が痛いので働きません(笑)

アバルト 1000TCR レプリカ

2021/10/07

イタリアから「アバルト 1000TCR レプリカ」の情報が入りました。

写真がまだないのですが、一応イメージ的にはこの写真の様な感じです。

ちなみにこの写真のアバルトは以前私が個人的に所有していた 1000TCR レプリカです。もう売っちゃいましたが (涙)

1000TCR

今回イタリアから案内が来た個体は同じくベースはフィアット 600D です。

エンジンブロックはアウトビアンキ A112 の A1 ブロックに PBS の 8 ポートシリンダーヘッドが組み合わさっています。

WEBER 40 のツインキャブでおおよそ 120HP あります。

今では貴重な 5 速マニュアルミッション (ノンシンクロ) も搭載されています。

FIA 公認のガソリンタンク、ロールバー、アバルトタイプの計器類、FUSINA レーシングシート等・・・

FIA の HTP (ヒストリック テクニカル パスポート) を取得しておりますので国際的に開催されている FIA 主催のヒストリックレースに参加資格があります。

オリジナルのアバルト 1000TCR を購入しようとすると今では数千万円します・・・でも 1000 万円以内で「楽しく遊ぶ」というのであればレプリカでも全然アリです!!

私が所有していた 10 年位前は数百万円でレプリカを作ることが出来ましたが、今では夢の話・・・ベースのフィアット 600D だけでも数百万円しますし、5 速ミッションなんて 150 万円以上します。

エンジン作るだけでも PBS のシリンダーヘッドやらなんやらでパーツ代だけでも 100 万円はいきますね。

このイタリアの個体も日本に輸入すると 1000 万円まではしないと思いますが少しおつりが出るくらいです。

レプリカでもこんな時代になりました・・・

但しこれは今までの経験ですが海外にある個体、いくら現地の人達が「ベストコンディション」と言っても私たち日本人とは感覚の開きがあります。

今回ご紹介する個体でも多分国内で手を加える必要はあると思います。

ご興味ございましたらご面倒でもメールにてお問い合わせ下さい。