フェラーリ

アースケーブル

2024/02/02

クラシックカーに良く似合いそうなアースケーブル(アースストラップかな)が見つかりました。

earthstrap

まだこのワンサイズしか見つかっていませんので他も手に入るか調査中。

ちなみにこちらで全長 172mm、幅 22mm です。

こう言うの見つけると自然と笑顔になります(笑)

変ですか!?

フェラーリ 360 モデナ 用 Hill 製 タイロッドエンド

2024/01/26

フェラーリ 360 モデナ用のタイロッドエンドをご注文頂きましたので取り寄せました。

181882

こちらのタイロッドエンド、当社ではイギリスの Hill Engineering 社製をお勧めしております。

Hill 製は純正品に比べて金額はリーズナブル、おまけに品質も良い。

選ばない理由はあまりないです(笑)

フェラーリ 360 モデナ、F430、599、612 も共通品になっております。

純正品の金額はどんどん上がっていきますので、品質が良く、おまけに安価な社外品であればどんどん使用していきます。

安価と言っても国産車のパーツと比べれば高いですけどね・・・まぁ国産車と比べるのが間違いか。

AGIP オイルが・・・

2024/01/19

その案内メールは突然送られてきました。

「一部のAGIP オイルの生産は終了になりました」

えっ!?

いやいや意味分かりません。

早速真意を確かめようと担当者に連絡してみると・・・その担当者は既に退職しましたと・・・ん!?

代わりの方がザックリと説明してくれましたが、AGIP Novecento の「20W-50」と「15W-50」以外は全部生産終了との回答。

「40」、「50」、「10W-40」、「10W-60」そしてミッションオイルの「80W-90」と「85W-140」も生産終了と・・・

おまけに生産が継続される「20W-50」と「15W-50」も 30 リッター缶はもう作らないそうで 1 リッター缶と 4 リッター缶のみになります。

もっと事前に連絡してこいよ(怒)

どうして生産終了になるのか明確な説明はないのですが、まぁ世の中の「電動化」に伴い、ガソリンやオイルなどを扱っている AGIP(大本は Eni と言うエネルギー会社)にしてみると死活問題ですからね。

採算の合わない事業は無くして効率良く稼いで生き延びないと・・・とその辺は理解出来ますが、だったらもう少し早めに案内してもらいたいです。

もうイタリアにも今回廃盤になるオイルは残っていない様で当社に在庫ある分がなくなり次第、販売も終了になります(涙)

AGIPnovecento

せかっく定期的にご注文頂ける業者様も増えてきてそろそろ追加で注文しようかと検討していた矢先でした。

本当に申し訳ございません。

AGIPnovecento1

 

フェラーリ テスタロッサ 用 デスビキャップ&デスビローター

2023/12/13

フェラーリ テスタロッサ用のデスビキャップ&デスビローターのセット(片側分)を現在 ヤフオク に出品中です。

121552a

121552b

121552c

121552d

121552e

121552f

121552g

121552h

当時のオリジナル(MARELLI 製)の入手は非常に困難です。

こちらは社外品のデスビキャップとデスビローターになります。

おまけにデスビキャップのコルクガスケットをお付けしています。

もちろん一台分 2セット在庫しております。

ヤフオクは こちら です。

フェラーリ 308 用カムスプロケット

2023/12/12

フェラーリ 308GTB 用にご注文頂き取り寄せましたカムスプロケット(一台分)です。

camsprocket1

camsprocket2

オリジナルは樹脂製でしたが劣化で破損してしまう為、現在はスチール製に変更されました。

フェラーリ Dino 308GT4、308GTB/GTS、308GTBi/GTSi、308QV、365BB、512BB、512BBi、モンディアル 8、モンディアル QV、288GTO にも適合します。

フェラーリ Dino 246GT 用 COSWORTH ピストンセット

2023/12/06

以前ブログでもご紹介したことがあります「あの」コスワース製のピストンセットですが 1 セットのみ在庫ございます。

適合車種はフェラーリ Dino 246GT で Tipo-L、Tipo-M、Tipo-E に使用可能です。

20063309a

コスワースってもちろんご存じですよね?

マイク・コスティンとキース・ダックワースが創業したエンジンビルダーのコスワース (COSWORTH) です。

一番有名なのは DFV エンジンですね。

1970 年代の F1 ではほとんどのコンストラクターがこの DFV を使用していたくらいの名機です。

そのコスワース社が製造したピストンですので悪い訳がない!!

20063309b

 

20063309c

今まで長年部品供給していますがコスワースのフェラーリ用ピストンは見たことなかったです。

しかし、現在はスタンダードサイズ以外にも数種類供給されています。

現在当社で在庫しているピストンのサイズは 92.70mm ですが、ここで注意が必要です。

コスワースのピストンはピストンの外径が 92.70mm ではなく、ボアが 92.70mm で設計されていますので、実寸ですと 92.575mm-92.600mm になります。

ですのでこの辺りをしっかり計算出来る業者様での作業をお勧めします。

コスワース社の資料ですと。

ボア Min 92.700mm – Max 92.720mm

ピストン Min 92.575mm – Max 92.600mm

ピストン – ボアのクリアランス Min 0.100mm – Max 0.145mm

ピストンセットにはピストンの他にピストンリング、ピストンピン、クリップが含まれています。

20063309d

20063309e

20063309f

20063309g

20063309h

もちろんコスワースの箱にも入っています。

20063309i

20063309j

現在 ヤフオク に出品しています。

お問い合わせはご面倒でも メール かファックス (058-253-7572) にてお願い致します。

 

フェラーリ V12 用 マフラーハンガー

2023/12/05

お客様から「フェラーリ フロント V12 のラジエーターを止めているハンガーストラップが欲しいんだけど、今出てるゴム製じゃなくて昔の布タイプは手に入らないでしょうか」とお問い合わせ頂きました。

フロント V12 というとフェラーリ 550 マラネロの年代ではないです、もっともっと昔の 250系のことです。

この頃はフロントラジエーター上部にハンガーストラップが付いていました。

strap001

写真黄緑色の丸印の箇所です。

今でもハンガーストラップは供給ありますが本来布が使用されていた部分がゴム製に代わってしまっています。

マフラーを支えるハンガーストラップも同じ物で、まぁマフラーは覗かないと見えないのでまだいいのですが、ラジエーターに使用する分はエンジンフード開けると見えますのでこのお客様も見た目を気にして当時の布製を探していました。

この部分は私も以前から気になっていたので入手ルートは作ってありました。

strap1

strap2

これが現在入手出来る布タイプのハンガーストラップです。

ゴム製に比べれば倍以上の金額しますが 1950 年代、1960 年代のフェラーリであれば妥協する必要ありません。

絶対にこちらを使用したいところです。

ちなみにマフラー用としても使用出来ますし、実はランボルギーニ ミウラも同じ物使えます(笑)

フェラーリ テスタロッサ 用 コンプリートクラッチ

2023/12/01

忙しい 11 月が終わり今日から 12 月・・・あっという間です。

12 月は海外(特にイタリア)がクリスマスくらいから冬休みに入ります。

早い所だと 18 日から来年 1 月 10 日位まで休みです。(長い!!)

当社もその辺りを頭に入れて注文を受けないと年内荷物は到着しませんので。

さて、話は変わりますがしばらく入手不可でしたフェラーリ テスタロッサ用のコンプリートクラッチがまた供給されています。

135076a - コピー

135076b - コピー

但し在庫数は多くなさそうですのでまた完売するとしばらく入手出来なくなりそうです。

本当に AP Racing のクラッチか不安でしたが実際に取り寄せてみましたので大丈夫です。

流石に安くはないですが今の内であれば取り寄せ出来ますのでご検討下さい。

お問い合わせはご面倒でも メール かファックス (058-253-7572) にてお願い致します。

フェラーリ Dino 246GT 用 エンジンガスケットキット

2023/11/09

先日より立て続けにフェラーリ Dino 246GT 用のエンジンガスケットキットをご注文頂いております。

当社では基本的にクラシックモデル(1960年代、1970年代、1980年代)のエンジンガスケットキットは出来る限り一点ずつ取り寄せてキットにしています。

現在は Dino 246GT L-Type のガスケットキットを作っています。

gasketkit

ヘッドガスケットは出来るだけドイツ製の Elring 製を選択しています。

過去に安価な社外キットに入っているヘッドガスケットでトラブル出ていましたので。

安価な社外キットではバルブシールがゴム製ではなくテフロン製だったり、入っていないといけないガスケットやシールが入っていなかったり、ガスケットの品質が悪かったりと・・・

毎回クレームや追加で取り直ししていたので、それなら自分で作ってしまえ!!って勢いで自分でキットを作るようになりました。

まぁ手間は相当掛かりますがその分クレームはほぼなくなりました(笑)

まだあと Tipo-E のガスケットキット作らないと・・・

フェラーリ Dino 246GT 用 イグニッションコンタクトスイッチ

2023/11/01

フェラーリ Dino 246GT 用として取り寄せましたイグニッションコンタクトスイッチです。

70000707a

70000707b

何処に付いてるかと言うと・・・

イグニッションキーシリンダーの裏側です。

740194A1

740194A3

そもそもココだけの部品供給はありませんでしたのでアッセンブリしか入手出来ませんでしたが、現在はスイッチのみ出ます。

むしろ今度は逆にアッセンブリの入手が困難ですので。

Dino 246GT 専用品ではなく、1970 年代から 1990 年代くらいまでのフェラーリの多くのモデルに使用されています。

高価で入手困難なアッセンブリ探す前に、一度このスイッチを疑ってみて下さい(笑)